設計と施工を一貫しておこなう従来の家づくりの場合、
施工の都合を考え、プランにさまざまな制限をうけてしまいます。
オフィスコラボでは、設計と施工の依頼先を分けることで、
「設計の自由度」「品質の安心度」「価格の透明性」など、
両方のプラス面だけを利用した理想的な家づくりがかないます。

設計と施工を分離するメリット
  設計施工を一括請負する家づくり
(一般的なハウスメーカーの場合)
設計と施工を分離した家づくり
(コラボレート・ハウジングの場合)

設計施工の一括請負では、コストを抑えるため、部材費や加工のしやすさを考えた設計となりますから、どの家も同じような量産型の規格住宅となります。施主の個性を反映させるには無理があり、家に暮らしを合わせるスタイルとなります。

設計の専門家である建築家と、自分たちの暮らしにあった家づくりについて時間をかけ、納得のいくまで十分な打合せを重ねることができます。一般的に、建築家は新しい部材や設備にも敏感で、選択の幅が広がります。施工の都合ではなく、建て主の価値観、趣味、ライフスタイルなどを自由に反映させた、本当のオーダーメイドの家づくりになります。

工事を請け負った業者が、自社の担当社員で管理します。自社利益を考えれば、必ず建て主の側に立てるかは疑問であり、中立性に欠けます。営業・設計・現場と担当が別れるため、伝達が徹底されず、増工事につながるような変更やトラブルが起きやすくなります。

施工業者と利害関係のない建築家が、第三者的立場できびしく監理するため、部材、施工にごまかしがききません。計画・設計・監理を同一の建築家がおこなうため、やりとりがスムーズで、変更も起きにくくなります。

ハウスメーカー数社から見積りをとって比較することは可能ですが、同一図面での価格比較ではありませんから、単純に高い安いとは比較できません。同一条件での価格比較には、設計と施工を分離したうえで設計図面が必要です。

設計と施工の依頼先が別々なので、同一の設計図面に対し、複数の施工業者から見積りを取れます。高い安いが一目瞭然となりますので、施工会社を決める際も明快で、実質的な価格によるムダのない経済的な家づくりが可能になります。

ページトップへ